お客様の声

 

先輩ユーザー喜びの声

大崎タイムス掲載 京セラソーラー設置事例「わが家は発電所」より

一家でエコライフ

遠田郡涌谷町 A様/6人家族 太陽光発電:5.04kW

 

設置されたきっかけは・・・

大崎タイムス
「わが家は発電所」

 設置のきっかけは、10年ほど前に大崎市古川旭の「菅原工務店」に依頼し、シロアリ対策で自宅の浴槽や洗面所、手洗いをリフォームしたこと。「対応してくれた担当者の説明が良く、気に入った」と振り返る。リフォームに合わせて、エコキュートと蓄熱暖房も設置した。

 かねてより「新しいもの好き」という阿部さんは当時、注目を集めていた太陽光発電システムにも関心を持っていた。

 そうした折、菅原工務店が太陽光発電事業も手がけていることを知り、詳しい説明を受けるために同社隣にある「住まい工房アイム」のショールームを訪れた。その際、応対してくれた菅原順一社長から丁寧な説明を受けた。

 同社が主に扱う発電パネルメーカー「京セラ」について、首脳の経営手腕に対するイメージの良さも背中を押し、設置を決意。妻と長男夫妻、孫2人の家族6人で家族会議を開き、パネルの設置を"決議"した。

 

設置後のサポートもしっかり

 

 パネルは京セラの「エコノルーツ」で、出力は5.04kW。屋根が切妻造であることから、東西両面に設置した。

 

 設置にあたり天井裏を点検した際には、数々の"お宝"を発見した。それは、長男と二男が子どものころに集めていたプラモデルなどのおもちゃで、段ボール箱10箱余り。工事をきっかけに思わぬかたちで一家が思い出に浸った。

 

 数日間の工期を経て完成後、「これからは我が家でも電気を作れる」と感慨に浸った阿部さん。併せて自宅内に設置したモニターで発電量をチェックするのが日課になった。数値はその日の天候とともに記録表を作成している。

 

 太陽光発電パネルの設置を機に一家で節電を強く意識するようになった。無駄な照明を切ったり、暖房を節約する為、エネルギーを効率よく使うことを心がけるようになったという。

 

 発電量はメーカーによるシミュレーションより2割以上多く、光熱費が上昇している中で助かっている」との話をいただく。また、「限りある資源の有効活用を考えた際、太陽光発電は自然に優しい発電方法。多入し、環境改善につながれば」とも話していた。